2022年4月入学のお子様向けランドセルの販売がすでに始まっています。

【2022年度入学】ランドセル各メーカーの販売開始日と売切れ予想一覧

 

ランドセルの良い選び方とは?

ランドセル選びは一生に一度の大切な思い出

保護者としては子どものの好みを最大限考慮しつつも、選択肢が多くなりすぎないよう、さりげなくアドバイスしてあげるのがポイントです。

そのためにはまず親御さんがある程度ランドセルのトレンドや性能について理解し、自分の子にはどういうものが合いそうかをみつくろっておくと良いでしょう。

 

親も子も満足できるランドセル選びのポイント!

  • デザイン(カラー、装飾、華美さ)
  • 重さや背負ったときの感じ
  • 予算の範囲や価格帯
  • ネット購入か店舗購入か

 

あらかじめ親御さんのほうでメーカーやブランドを絞り込んでおき、候補の中から子どもに好きなものを選んでもらうとスムーズですよ。

 

「5つの質問に答えるだけ」でピッタリのランドセルを選んでくれるランドセル診断をご用意しました。悩みすぎて選べないというかたは、遊び感覚で一度試してみてくださいね。

おすすめランドセル診断

>>おすすめランドセル診断<<

 

 

最新モデルでわかるトレンド

最新モデルは性能や機能が良いことはもちろん、流行の色・デザイン、小学校の学習指導要領の改定などにも対応して、その年度に入学するこどもたちにぴったりの仕様になっています。

まずは人気のメーカーをチェックすることで、今年人気のデザインや、おさえておくべきポイントがわかります。

近くに大手総合スーパーのイオンやイトーヨーカドーがあれば実物を見に行きましょう。背負った感じや、実際の大きさは手にとって見てみるのが一番です。

ただ現場では現物はあっても資料やカタログがなかったり、専門の店員さんおらず「細かい機能面」や「メーカーごとの違い」「うちの子にはコレで良いのか?」などがわからない場合もあります。

見に行っても結局よくわからなかったと無駄足にならないよう、まずは公式サイトをチェックしたり、カタログ請求をすることからはじめるのをオススメします!

 

多くの人に選ばれている!人気のランドセルメーカー

当サイトでも人気が高く、多くの人に選ばれているランドセルメーカーを紹介します。

CMでおなじみ、知名度バツグンの「セイバン」天使のはね

セイバンイメージ

創業100年の歴史あるセイバン。天使のはねと呼ばれる肩ベルトの画期的な機能と多彩なモデル展開で、ランドセルシェアの50%を占めています。品質の良さと価格のバランスもよく、デザインやカラーも豊富なので、お子さんも購入者も気持ちよく選べるランドセルブランドです。

 

ママに絶大な人気!ハシモト「フィットちゃん」

フィットちゃんイメージ

ハシモトの「フィットちゃん」は、使いやすさと女の子向けのデザインのかわいらしさで絶大な人気。身近な店舗でも購入でき、シェア率もかなり高いのが特徴。背負いやすくておしゃれなランドセルを検討中のかたに、おすすめです。

 

こだわりの工房系をお探しなら黒川鞄のランドセルがおすすめ!

黒川鞄工房トップイメージ

末永く使える上質なランドセルをお探しの方には、工房系の中でも特にこだわりを持ったランドセルを制作している黒川鞄のランドセルがおすすめ。最高級のコードバンのランドセルを、熟練の職人が畳敷きの工房で一つひとつ手作り。こだわりのランドセルをお探しの方は、必ずチェックしておきたいランドセルメーカーです。

 

ふわりぃ(協和)のランドセルはおしゃれでかるくて丈夫なのが魅力

協和のふわりぃランドセル

世界で初めて“クラリーノ製ランドセル”を誕生をさせた、協和のランドセル「ふわりぃ」。軽いのに丈夫で安心と、多くの人たちに選ばれているランドセルブランドです。ふわふわの“ふわりぃ肩ひも”で、お子様への体の負担も軽減。豊富なデザインやカラーと、手ごろな価格帯で人気のランドセルブランドです。

 

 

みんなどうしてる?失敗しないランドセルの選び方

失敗しないランドセル選びのために、最大手ランドセルメーカーのセイバンが調査した結果をもとに色々な角度から選び方をまとめてみました。詳細がわかる関連記事のリンクもありますので、ぜひあわせてチェックしてくださいね。

ランドセルの購入時期は!?

ランドセル最多購入時期は7月8月の夏休み

先輩ママ達は、ランドセルをいつ購入しているのでしょうか?

なんと、年々購入時期は早まっており、2016年は7月8月に44.6%の人が購入したという調査結果が出ています。入学は来年の春なのに、年長さんの夏休みには約半数の人が購入済みって驚きますよね。

インターネットのブログやSNSの普及で、同年代ママたちのラン活状況をチェックすることができ「もう売り切れてた!」という情報などがゲットしやすくなったというのも理由の一つではないかと推測されています。

最大手ブランドでこれなら、もっと小さい工房系のメーカーとなると争奪戦になること必至です。ここ2~3年で【ラン活】なんて言葉も登場したくらいですから、【活動】しないと買えないランドセルがあるってことなんですね。

子供の長期休みになるゴールデンウィークにおじいちゃんおばあちゃんを連れて物色をして、ゆっくり選んで夏休みに試着・購入という流れが主流になりつつあるようです。

ランドセルの購入時期は?ランドセル商戦の年間スケジュール
ランドセルの購入時期は?いつ買う?ランドセル商戦の年間スケジュール

ランドセル購入のピークは年々早まっており、2015年頃はゴールデンウィーク前から商品が並びはじめ、お盆頃に最初のピークが ...

ランドセルを購入する場所はどこで?

それでは購入場所はどこが主流になっているのでしょうか?

総合スーパーでランドセルを買う人が4割

購入場所については、イオンやイトーヨーカドーなどのショッピングモールや総合スーパーが多く、子供やおじいちゃん・おばあちゃんも連れて気軽に近所のイオンで…というのが定番のようです。

総合スーパーには小さな工房系のランドセルがなく、鞄メーカーの店員さんのように詳細なアドバイスをしてくれる店員さんがいないのがデメリットです。しかし、大手のメーカーは一通り揃っていて、気軽に試着しながら比較できるのが良く、1年を通して在庫があるのもメリットです。

最近ではインターネットのショッピングサイトでの購入も増えています。全体の20%がネット購入となっていますが、地方に住んでいてこだわりのランドセルを買うにはネットから申し込むしか方法がない場合もあります。そのため、ランドセルにこだわりを持つパパ・ママが増えていることでネット購入の割合も年々増加しています。

どこで買う?ランドセルを売っている販売店と購入方法
ランドセルはどこで買うのがお得?実店舗とネットの比較。損をしない購入方法

2020年の新入学でランドセルの購入を考えている方のために、ランドセルを買う時期やどこで買うべきか? 大手百貨店? ホー ...

ランドセルの購入価格帯は?

ランドセルで気になるのはやっぱり価格。最近はいくらくらいがボリュームゾーンなのでしょうか。

ランドセル最多価格帯は5~7万円

現在、ランドセルは安いものは2万円台から、高級なものとなると10万円を超えるものまで幅広いラインナップが販売されています。

クラリーノなどの合皮や牛革なら5~7万円、コードバンなど、素材が高級になると7.5万円を超えるというのが目安です。

この中でボリュームゾーンは5~7万円のランドセル。大手総合スーパーで陳列されているランドセルもこの価格帯になります。

ランドセルの値段の相場と、価格面での品質の違い
ランドセルの値段の相場と、価格面での品質の違い

ランドセルの購入価格の平均は年々上がっており、2015年頃まで平均価格は4万円前後といわれていましたが、2019年のラン ...

男女別ランドセルの人気カラーは?

多種多様なランドセルが発売されているので、好きなの決めてもいいよ!といっても選ぶのが大変なのは事実。沢山の中から選ぶのが楽しいという人もいれば、多すぎて迷うし面倒くさいという人も。

人気カラーは女の子ピンク、男の子黒

男の子の人気カラーは黒(ブラック)系、女の子の人気カラーはピンク系がここ数年の人気色。

男の子は圧倒的に黒で、細部にこだわりがあるものやスポーツタイプなどデザイン面で好みのものを選ぶ傾向に。

女の子はピンクに次いでラベンダー(紫、パープル)系やブラウン(キャメル・濃茶)系にも人気があります。女の子は色やデザインにこだわりが強い子が多いようで、様々な色に分散される傾向です。

人気の色は?6年間使えて後悔しない選び方のポイント
ランドセルの人気の色は?6年間使えて後悔しない選び方のポイント

昔は赤と黒しかなかったランドセル。今は男の子も女の子も豊富な色から選べるのが当たり前になりました。 子供が6年間毎日背負 ...

ランドセルで選ばれている素材は?

お手入れの簡単さやランドセルの重量が軽いことから、約80%の人が人工皮革のランドセルを選んでいます。人工だから本皮に劣るかといえばそうでもなく、素材感も手触りもよく、雨に強いなどの機能面も充実していることから人気があります。

ランドセルに使われる素材は主に3種類。

  • コードバン(馬革)
  • 牛革
  • 人工皮革(クラリーノなど)

それぞれの素材の特徴を把握した上で、子供の性格や、親の好みなどと合わせて選ぶと良いでしょう。

ランドセルの材質や素材(コードバン・牛革・クラリーノ)の比較
ランドセルの材質や素材(コードバン・牛革・クラリーノ)の比較

ランドセルにはどのような素材が使われているのでしょうか。素材によって特徴がありますので、自分の子供の性別や性格、使い方な ...

お手入れの方法などについても、事前にチェックしておきましょう。

天然皮革と人工皮革それぞれのランドセルお手入れ方法
天然皮革と人工皮革それぞれのランドセルお手入れ方法

ランドセル購入を検討している方は、素材によってどのようなお手入れが必要なのか事前に確認しておくと安心です。 ランドセルの ...

ランドセルを選ぶとき親がチェックしたいポイント

ランドセルを選ぶとき親がチェックしたいポイント

選ぶのはあくまで子供。
親は選ぶのをサポート。
そしておじいちゃん・おばあちゃんがスポンサー(笑)というのが昨今の流れですが、安易に選んでしまうと壊れてしまって6年間使いきれなかったり、途中で子供が「このランドセルいやだ」と言って持ちたがらなくなる、なんてことも…。

6歳程度の子供が「選べる」のはせいぜい色やデザインです。
親はしっかり「卒業まで使えるか?(耐久性、品質保証、修理対応)」「子供が高学年になったときに恥ずかしくないか?(色やデザイン)」「子供の体に合っているか?(サイズ)」「万が一の事故に対応できるか?(安全性)」「使いやすいか?(機能面)」などをチェックしてあげましょう。

人気ランドセルメーカーランキング

セイバン(天使のはね)

セイバン2020年度版バナー
  • 信頼できる創業100年の歴史
  • 身体への負担を軽減(小児科医も推奨)
  • デザインのバリエーションも豊富
種類 190種類(オーダーメイドあり)
価格帯 4万~7万円台

セイバンは多彩なモデル展開でランドセルシェアの30%を占めるメーカー。天使のはねと呼ばれる肩ベルトの画期的な機能で、お子さんの身体への負担を軽減してくれるのが大きな特徴です。

デザインのバリエーションも豊富で、シンプル・上品・おしゃれ・かっこいい・スタイリッシュなど、子どもだけでなく保護者のかたもうれしいデザインが揃っています。

WEBで購入するメリット!

WEBからの注文で、通常価格の10%オフ!

早期購入特典として、オリジナルフォトブックを無料で作れるクーポンももらえます。特定の店舗限定でしか購入できないモデルも、WEBなら購入可能です。

ハシモト(フィットちゃん)

  • 国内製造販売本数NO1ブランド
  • 背負いやすく安定感がある
  • 機能性も良く充実している
  • 素材、カラー、デザインが豊富
  • 価格帯は46,530円~81,180円

国内製造本数ナンバーワンを継続しているフィットちゃん。デザインや種類の豊富さと、機能性の豊富さ、背負ったときの安定感の良さなどで高い人気を誇るランドセルブランドです。

毎年トレンド感のあるデザインも多く採用しているため、お子さんが気に入るランドセルが必ず見つかるのも魅力。品質も良く価格的にも負担が少ないので、後悔しないランドセル選びができます。

WEBで買うとこんなにオトク!

WEB限定の10%割引き。

夜も安心LEDライト連絡ファイルフィットちゃんストラップ筆箱雨よけ6年間保証書と6つの特典がついています。

黒川鞄工房

  • 高級感と上質の質感がたまらない
  • コードバン品揃えの豊富さは業界トップクラス!
  • 素材やカラー、サイズが充実の
  • 天然素材を工房で職人による手縫いで手づくり
  • 抜群の収納力で小物が多い時も快適
  • 使い終わったらミニランドセルにリメイク
  • 【はばたく肩ベルト】で負担も軽減

黒川鞄は業界最古の創業120年、親子三代に渡って愛用されるランドセルメーカーです。

発売開始と同時売り切れてしまうモデルも多く、予約殺到ブランドとしても有名。

肩ベルトが立ち上がるように設計されており、身体への負担も少なくきれいな姿勢に見えるのも特徴。

質が良く長く使えるランドセルをお求めのかたは、ぜひ手にしてほしいランドセルだといえるでしょう。

NEW ENTRY

ランキング ランドセルメーカー

2020/3/11

ハシモト「フィットちゃん」ランドセルの人気モデルランキング

目次 ハシモト【フィットちゃん】人気のランドセルはどのモデル?フィットちゃん「男の子」に人気のランドセルランキング1位 グランナイト(FIT-226AZ)2位 グッドボーイDX(FIT-233AZ)3位 タフボーイDX(FIT-230AZ)女の子に人気のランドセルランキング1位  ロイヤルローズ プルミエール(FIT-228AZ)2位  あい・愛ティアラジュエリープリンセス(FIT-243AZ)3位 あい・愛ティアラ 安ピカッタイプ(FIT-213AZ)フィットちゃんで人気の「安ピカッ」おすすめ記事ハシモ ...

ReadMore

小学校入学準備

2019/9/16

ランドセルや学習デスク選びはどうする?その他の入学準備についても経験者ママが教えます。

こんにちは。このコラムを読んでらっしゃるということは、もうすぐ新一年生を迎えるお子さんがいらっしゃるということですよね。おめでとうございます。 私は男の子2人を持つ主婦で、下の子がとうとう中学生になりました。 長いようで短いようでやっぱり長い小学校生活を振り返って、小学校入学準備の特にランドセルと学習デスクのことを書いていきたいと思います。 世代が少し前になってしまいますが、お役に立たてれば幸いです。 目次 ランドセル将来はランドセルのリメークも!?学習机その他の準備ぞうきん赤鉛筆色鉛筆、クレパス体操服入 ...

ReadMore

小学校入学準備

2019/9/20

[口コミ]fafa(フェフェ)のグッズで小学校入学が楽しみに

fafaは子供達が“自ら選んで着る服”をコンセプトにして生まれました。 鮮やかで華やかな色彩はもちろんのこと、トリミングや裏地などディテールにもこだわったオリジナリティあふれるブランドです。 母子手帳から大人用のウエアまで様々なアイテムがありますが、今回は小学校入学準備中の親子にお話を伺いました。 事前にfafaのランドセルの特徴などを知りたい方は下記の記事をご覧ください。 fafa【フェフェランドセル】の特徴やポイント、口コミまとめ   目次 fafaは親子でお気に入りfafaのランドセルカバ ...

ReadMore

人気のランドセルラック おすすめの選び方やポイント

小学校入学準備

2020/3/11

市販の人気ランドセルラック徹底調査!おすすめや選び方のポイント

子どもが小学生になると、親として初めに準備してあげたくなる家具は学習机だと思います。しかし、最近は様子が変わってきています。 学習机はなくていい、でも学用品とランドセルだけ置けるコンパクトな収納家具を用意する。そんな家庭が増えています。 この記事ではランドセルと学用品だけ収納する「ランドセルラック」について、どのようなものか、人気のラックにはどんなものがあるかを紹介しています。 学習机をあえて買わない家庭が増えている 学習机が高級化して価格が高くなってきたのと、学習机を並べるだけの部屋の広さがないという事 ...

ReadMore

どこで買う?ランドセルを売っている販売店と購入方法

ランドセルの選び方

2021/4/21

ランドセルはどこで買うのがお得?実店舗とネットの比較。損をしない購入方法

2020年の新入学でランドセルの購入を考えている方のために、ランドセルを買う時期やどこで買うべきか? 大手百貨店? ホームセンター? 展示会? それとも、インターネット?? この記事ではさまざまな場所での、ランドセル購入方法とそれぞれのメリット・デメリットを比較してまとめています。 ちょうど良かった。ランドセルはどこで買ったらいいのか困ってました。 この記事を読めば、ランドセルをどこで買えばいいか分かりますよ。管理人   \アウトレットセール開催中/ ▲セイバン公式ショップ   目次 ...

ReadMore

ランドセルの製造メーカーの一覧

ランドセルの選び方

2021/4/12

ランドセルの製造・販売メーカー、ブランドの一覧

ランドセルは大手から小規模な工房系まで沢山のメーカーがあります。 この記事では、ランドセルを作っているメーカーと、メーカーが発売している代表的なブランドをまとめています。   目次 ランドセルを製造している「メーカー」と「ブランド」についてランドセルの販売シェアは?みんなどこで買ってる?国内の大手ランドセルメーカー トップ3の特長協和(ふわりぃランドセル)セイバン(天使のはねランドセル)ハシモト(フィットちゃんランドセル)大手流通系メーカー(ショッピングセンターや百貨店などの量販店)の特長イオン ...

ReadMore

ランドセルと入学グッズ

ランドセルQ&A

2021/3/29

ランドセル、名前はどこに書く?背あて?それとも名前カード?

小学校の持ち物には、すべて名前を書きます。 ふと困るのが「ランドセルの名前はどこに書くの?」という問題です。 昔は、「背あてに直接油性マジックで書く」というケースもありました。 でも背あてに書くのはさすがに抵抗がありますし、防犯面で考えても目立つ場所に書くのは避けたいものですよね。 先輩ママたちは、ランドセルの名前をどこに書いたのでしょうか? 口コミをもとに探りました。   目次 基本は「目立たない場所」に書く!ポケット前についている名前カードかぶせ裏名前は書かない説明会を待ってから書いても間に ...

ReadMore