選び方

ランドセルの形「学習院型」と「キューブ型」の違い

投稿日:

ランドセルの形学習院型とキューブ型の違い

ランドセルは、「学習院型」と「キューブ型」の2種類に分けて見られるようになってきましたね。

昔からのランドセルは、「学習院型」のランドセルです。新しく定着してきたのは「キューブ型」のランドセルです。

日本で学校に「ランドセル」を初めて導入したのは、学習院初等科(小学校)だと言われています。そのような背景もあって、昔からのランドセルは「学習院型」と呼ばれます。

この記事では、「学習院型」と「キューブ型」の違いと、それぞれのメリット・デメリットをお伝えしていきます。

ランドセルの形「学習院型」と「キューブ型」の違い

「学習院型」と「キューブ型」の大きな違いは、「ヘリ巻き」があるかないかです。

「学習院型」は、大マチ(サイド)と背当てを縫い合わせた部分(縫い代)に出っ張りができています。この出っ張りは「ヘリ巻き」と呼ばれています。

学習院型は縁巻きがある

「キューブ型」には、「ヘリ巻き」がありません。

キューブ型には縁巻きがない

これにより、キューブ型のほうがへり巻きがない分(約2cm)コンパクトになります。

「学習院型」のメリット・デメリット

「学習院型」のメリットは、「ヘリ巻き」がある分だけ耐久性があると言われています。

その「ヘリ巻き」はデメリットにもなっています。それは、出っ張りの分だけ外寸のほうに幅が取られてしまうため、内容量が若干小さくなってしまうのです。

「キューブ型」のメリット・デメリット

「キューブ型」のメリットは、「ヘリ巻き」がない分だけ、内寸のサイズを広くすることができるところにあります。

「学習院型」と比較すると、「学習院型」のA4クリアファイル対応のランドセルと同じ外寸で、「キューブ型」はA4フラットファイルまで収納することができるサイズになります。

「キューブ型」のデメリットについては、「ヘリ巻き」のことで指摘するなら耐久性が弱いという話になってしまいます。しかし、これについては実証されているわけではありません。

ランドセルの形(学習院型・キューブ型)でメーカーを選ぶ

最近はキューブ型ランドセルの人気が高まっています。なるべく小さい外寸で、大容量を求める声が多いからでしょう。

カバンのフジタのようにすべてのモデルがキューブ型のメーカーもありますし、たくさんあるモデルのうち何種類かをキューブ型に採用しているメーカーも増えてきています。

どのメーカーにするかを選ぶ時、ランドセルの形状から探してみるのも一つの方法です。

学習院型ランドセルを扱っているメーカー

  • あんふぁんランドセル
  • カザマランドセル
  • ガルソンランドセル
  • カルちゃんランドセル
  • セイバン 天使のはね
  • ハシモト フィットちゃん
  • 中村鞄のランドセル
  • 池田屋のランドセル
  • ララちゃんランドセル
  • 生田鞄のランドセル
  • オオバランドセル
  • 鞄工房山本のランドセル
  • スドウのランドセル
  • 土屋鞄のランドセル

キューブ型のランドセルを扱っているメーカー

  • 萬勇鞄
  • フジタ
  • ふわりぃランドセル
  • LIRICO
  • 黒川鞄のランドセル(スクエア型あり)
  • ハネッセルのランドセル
  • イオン
  • アピタ
  • イトーヨーカード
  • ベネッセ(スクエア型)
  • ニトリ

人気ランドセルメーカーランキング

 ランドセルのいろはでは、ランドセル選びに迷ったらシェア率の高い「イオンかるすぽ」、「セイバン天使のはね」、「フィットちゃん」をオススメしています!

※国内ランドセルの約3割のシェアを持つ「イオンのランドセル」についでシェア率の高い「セイバン天使のはね」「フィットちゃん」を紹介しています。イオンランドセルはネット割引+早割で10%オフなので、あえてネットからの注文をオススメしています。

イオン みらいポケット

手頃な価格・全国各地に店舗があることで圧倒的なイオンのランドセルは、なんと子どもの3人に1人が背負っています。

今年一番人気なのはランドセルの幅を大きくできる仕様の「みらいポケット」モデル。ランドセルの大きさを広げることが出来るので、6年間のうちに指導要領が変更になって荷物が多くなっても大丈夫!

WEBで買うメリット

イオンは実店舗で買うイメージが強いですが、インターネット注文だともっとお得になります。

1000円または3000円分のクーポン券、ランドセル収納ラック、交通事故やケガを保証してくれる「プレゼント保険」がついてくるんです!

試着は手軽に近くの店舗で、注文はインターネットで、受取は宅配便で自宅に届けてもらう、というのが2019年度の賢いイオンのランドセル購入方法ですね♪

セイバン 天使のはね

ランドセルのセイバンは創業100年の歴史あるメーカー。天使のはねと呼ばれる肩ベルトの画期的な機能、多彩なモデル展開でランドセルシェアの30%を占めるメーカーに。

ランドセルを選ぶときまず最初にチェックすべきメーカーといえます。

男の子にはシンプルながらもキラリと光るワンポイントがあるデザインや、スポーツタイプのモデルが多く、耐久性もあるため自信をもっておすすめできます。

女の子にも、最近人気のシックで大人びているけどビジューや刺繍でキラキラ感がある上品なモデルが多く、おしゃれなママ&子供でも納得できるデザインです。

WEBで買うメリット

WEBからの注文だと、通常価格の10%オフで購入できます。また、早期購入特典としてオリジナルフォトブックを無料で作れるクーポンをプレゼント!

ハシモト フィットちゃん

 使いやすさと、女の子向けのデザインの可愛らしさに絶大な人気があり、ランドセルメーカーのシェアはセイバンと1位2位を争います。

フィットちゃんには138種類ものランドセルがあるほか、「オーダーメイドランドセル」があるため、とにかくたくさんの種類から選びたい子どもにはぴったりです。

なお、オーダーメイドランドセルは例年夏休み中には受け付けを終了します。オーダーメイドをしたい方は早めに申込をしましょう。

-選び方

Copyright© ランドセルのいろは , 2018 All Rights Reserved.