選び方

ランドセルの形「学習院型」と「キューブ型」の違い

投稿日:

ランドセルの形学習院型とキューブ型の違い

ランドセルは、「学習院型」と「キューブ型」の2種類に分けて見られるようになってきましたね。

昔からのランドセルは、「学習院型」のランドセルです。新しく定着してきたのは「キューブ型」のランドセルです。

日本で学校に「ランドセル」を初めて導入したのは、学習院初等科(小学校)だと言われています。そのような背景もあって、昔からのランドセルは「学習院型」と呼ばれます。

この記事では、「学習院型」と「キューブ型」の違いと、それぞれのメリット・デメリットをお伝えしていきます。

ランドセルの形「学習院型」と「キューブ型」の違い

「学習院型」と「キューブ型」の大きな違いは、「ヘリ巻き」があるかないかです。

「学習院型」は、大マチ(サイド)と背当てを縫い合わせた部分(縫い代)に出っ張りができています。この出っ張りは「ヘリ巻き」と呼ばれています。

学習院型は縁巻きがある

「キューブ型」には、「ヘリ巻き」がありません。

キューブ型には縁巻きがない

これにより、キューブ型のほうがへり巻きがない分(約2cm)コンパクトになります。

「学習院型」のメリット・デメリット

「学習院型」のメリットは、「ヘリ巻き」がある分だけ耐久性があると言われています。

その「ヘリ巻き」はデメリットにもなっています。それは、出っ張りの分だけ外寸のほうに幅が取られてしまうため、内容量が若干小さくなってしまうのです。

「キューブ型」のメリット・デメリット

「キューブ型」のメリットは、「ヘリ巻き」がない分だけ、内寸のサイズを広くすることができるところにあります。

「学習院型」と比較すると、「学習院型」のA4クリアファイル対応のランドセルと同じ外寸で、「キューブ型」はA4フラットファイルまで収納することができるサイズになります。

「キューブ型」のデメリットについては、「ヘリ巻き」のことで指摘するなら耐久性が弱いという話になってしまいます。しかし、これについては実証されているわけではありません。

ランドセルの形(学習院型・キューブ型)でメーカーを選ぶ

最近はキューブ型ランドセルの人気が高まっています。なるべく小さい外寸で、大容量を求める声が多いからでしょう。

カバンのフジタのようにすべてのモデルがキューブ型のメーカーもありますし、たくさんあるモデルのうち何種類かをキューブ型に採用しているメーカーも増えてきています。

どのメーカーにするかを選ぶ時、ランドセルの形状から探してみるのも一つの方法です。

学習院型ランドセルを扱っているメーカー

  • あんふぁんランドセル
  • カザマランドセル
  • ガルソンランドセル
  • カルちゃんランドセル
  • セイバン 天使のはね
  • ハシモト フィットちゃん
  • 中村鞄のランドセル
  • 池田屋のランドセル
  • ララちゃんランドセル
  • 生田鞄のランドセル
  • オオバランドセル
  • 鞄工房山本のランドセル
  • スドウのランドセル
  • 土屋鞄のランドセル

キューブ型のランドセルを扱っているメーカー

  • 萬勇鞄
  • フジタ
  • ふわりぃランドセル
  • LIRICO
  • 黒川鞄のランドセル(スクエア型あり)
  • ハネッセルのランドセル
  • イオン
  • アピタ
  • イトーヨーカード
  • ベネッセ(スクエア型)
  • ニトリ

-選び方

Copyright© ランドセルのいろは , 2018 All Rights Reserved.