選び方

ランドセルの修理対応、6年間保証で無料修理の範囲や代替ランドセルはどうなっている

更新日:

ランドセルの修理対応 無料の範囲や代替ランドセルについて

ランドセルの購入前に、修理や保証についても気になるところですね。基本的には、有名メーカーの新品を購入すれば、どのランドセルも「6年間保証」がついています。

しかし、「無料なのか?どこからお金がかかるのか?」「修理中にかわりのランドセルは借りられるのか?」「送る場合の送料は?」などは、メーカーによって細かい対応が違います。

各ランドセルメーカーの修理対応を確認するポイントは次の通りです。

チェックポイント

  • 6年間修理保証の対象になるケースと有料になるケースの違い
  • 有料になった場合の費用
  • 代替ランドセルの有無と、その送料
  • 期間を含めた修理の流れ
  • 特別対応(部品だけ送ってもらえるなど)

以上の内容を中心に、各ランドセルメーカーの修理対応内容をまとめました。

セイバンの修理対応

セイバンのロゴ

セイバンは6年間修理保証がついています。修理中は代わりのランドセルの貸し出してもらえます。

注意する点は、修理の内容によっては有料になる場合があることです。有料になるのは、自分で傷つけてしまった、あるいは自分で壊してしまったような場合です。

キズ
ハサミ、カッターでの切り傷やカベ(壁)などでこすってできたすり傷

やぶれ
転んでできてしまったやぶれや、何かにひっかかったり、何かにつきささってできたやぶれ

つぶれ
ランドセルにのる(のられる)、ふむ(ふまれる)ことでつぶれて変形しているもの

よごれ
油性ペン・ボールペンで書かれたもの

有償であっても、修理の対応はしてもらえます。お子さんがいたずらで傷つけてしまった場合でも諦めずに、まずはメーカーに相談なさったほうがいいですよ。

修理の申込み方法については、購入場所別に紹介しておきますね。

  1. 量販店、百貨店などの店舗でランドセルを購入した場合
    修理を依頼するランドセルは、ランドセルを購入した時のお店に持ち込みます。
  2. セイバン直営店、セイバン公式オンラインストアでランドセルを購入した場合
    ※ランドセルを持ち込む場所がわからないケース(プレゼントされたなど)も該当します。
    公式サイトの修理受付フォームまたは、セイバンカスタマーセンターに電話連絡をします。

公式サイトから修理を申し込む方法

修理の受付フォームから、修理を依頼したい箇所(背カン、肩ベルト、下ベルト、錠前差し込み、錠前、ファスナーの引き手、ナスカン、カブセ、その他)にチェックを入れて修理申し込みをします。

その後、セイバンから「修理申し込みセット(伝票と申込用紙)」が届きますので、壊れたランドセルを、工場に発送します。往復の送料については、有料での修理と判断された場合は依頼者負担となります。

フィットちゃんの修理対応

フィットちゃんのロゴ

フィットちゃんの6年間保証は、通常使用で部品が取れたり、不具合が生じたりした場合が無料修理の対象となります。

有料になるのは、次のようなケースです。

  •  マジックで絵を描いてしまった。
  • カッターで切ってしまったり、傷をつけられたりした。
  • 6年間使っていくうちについた細かい傷や汚れ。

有料になる場合の費用の決定は、ランドセルを預けて、見積もりしてもらってからになります。

修理期間と代替えランドセルについては、次の通りです。

  • 無料(6年間保証)の場合:約1週間~10日
  • 有料の場合:約2~3週間
  • ランドセルを修理に出している間は、代替えランドセルを無料で貸し出し。
  • 男の子用、女の子用別に代替えランドセルは送られますが、色は選べません。

フィットちゃんは保証書をなくした場合でも、6年間無料で修理をしてもらえます。(一部例外あり)

店舗、フィットちゃんショールームまたはオンラインショップいずれかの購入した場所にまず問い合わせます。
(オンラインショップで購入した場合は、電話またはメールで問い合わせ)

「ナスカンが取れてしまったのですが、部品を送ってもらえるか?」など、個別の部品が取り寄せられるかについてですが、フィットちゃんの場合は、『修理という対応になりますので、部品だけお送りすることはできかねます。』とのことです。

イオンの修理対応

イオンの6年味方のランドセルのロゴ

イオンの6年間保証の無料対応の範囲は、『通常の使用状態で保証期間内に不具合が生じた場合』となっています。有料での修理になった場合は、料金を見積もりとなります。

公式サイトには『商品の耐久年数を超えて使用された場合、修理をお受け出来ないことがございます。』と記載されているので、有料であっても「おさがりで受け継いだランドセル」の修理は難しいかもしれません。一度相談してみましょう。

イオンのランドセル修理の流れは、次の通りです。

  1. 購入した時のお店、または最寄りのイオンのお店にランドセルと保証書を持参。
  2. 工場で修理。
  3. お店から修理完了の連絡。
  4. お店でランドセルの引き渡し。
    ※ ランドセルの代替えはあります。

萬勇鞄の修理対応

萬勇鞄のロゴ

萬勇鞄のランドセルの修理対応は次の通りです。

  • 修理期間
    鋲の修理、背中にあるプラスチック部分の修理、背カンの修理は1日程度。※発送の期間は別。
  • 修理費用
    保証対象のランドセルのみ無料。対象外のランドセルは有料。
    修理に出す時のランドセルの送料は、片道分だけ。
  • 代替ランドセル
    代替ランドセルは準備されています。

ララちゃんランドセルの修理対応

ララちゃんランドセルのロゴ

ララちゃんランドセルは、『故意および摩耗による損傷は、無料保証対象外』になります。代替ランドセルは『修理に日数を要する場合、ランドセルを無料で貸し出し』となっています。

代替ランドセルの返却は、着払いでOK。

修理の時の送料については、以下の条件で無料になります。

ランドセルに付属している「交通災害お見舞制度送料無料の登録」のハガキをご返送いただければ、送料はすべて弊社が負担いたします。

ランドセルのサイドについている安全フッカーは、保証期間中であれば無料で交換用の安全フッカーを送ってもらえます。(簡単に取り付けができるようになっています)

土屋鞄の対応

土屋鞄のロゴ

土屋鞄の6年間保証は、公式サイトの説明よると『糸のほつれや金具の故障、友達とふざけ合って壊れた…など、修理が必要となった際には、どうぞお気軽にご相談ください。」となっています。

無料修理保証の対象外については、『お使いいただく上で問題のないキズ、よごれや落書き、つぶれなどでパーツ交換を希望される場合』という説明になっています。つけ加えて、『故意により生じた故障・破損の場合は、有料修理となる場合がございます。』となっています。

まずは状態などを相談したほうがよいでしょう。

代替ランドセルは、指定配送会社により、希望者の自宅まで届けてもらえます。その時に、修理するランドセルを預けます。

ランドセルの修理期間は、4週間。修理が終わると電話連絡が入って、再び指定配送会社により、修理済みのランドセルと代替ランドセルの交換という流れになっています。

鞄工房山本の修理対応

鞄工房山本のロゴ

鞄工房山本の6年間保証は、6年間修理対応として次のような案内があります。
(一部引用および抜粋)

『お子様が小学校をご卒業されるまでの6年間に、ランドセルに故障が生じた場合は、修理対応いたします。お問い合わせをいただきましたら、修理にかかる費用と期間をお伝えいたします。』

代替ランドセルのサービスについては、長期間の修理となる場合は代替ランドセルの貸し出しもされています。

ランドセルの修理対応まとめ

6年間修理保証の対象になるケースと有料になるケースの違いについては、ほぼ共通していました。故意に傷つけた、あるいは故意に壊した場合は有料となります。有料になった場合の費用については、見積もりによって決められます。

代替ランドセルのサービスは、受け取りと返却の方法と送料の有無に違いがあります。ここは、事前にランドセルメーカーに確認したほうが良いです。

また代替ランドセルは、どこのメーカーでも準備されていますが、色を選ぶことはできないという説明があるのも共通していました。

修理の申込み方法は、購入した店舗に持ち込むのが大多数です。オンラインで購入した場合は、お客様サポートセンターのようなサービスシステムに問い合わせる方法になっています。

ランドセルの修理が必要になったら、どんなことでも遠慮せずに相談してみてください。

-選び方

Copyright© ランドセルのいろは , 2018 All Rights Reserved.