男の子ランドセルランキング

6年間背負うランドセル。機能・デザイン・色など選ぶポイントはたくさん。特に男の子のランドセルを選ぶ際は、乱暴に扱っても大丈夫なのか、不器用でも扱いやすい作りになっているかなど心配事はつきません。

いったい他の家庭はどんなランドセルを買っているのか気になりますね。
ここでは、売れているランドセルをランキング形式で紹介していきます。今年はランドセル戦線の早期化が予想されます。その理由も合わせて紹介しますので、購入のヒントにしてください。

【男の子】ランドセルランキング

《1位》フィットちゃん グランナイト

カラー 全4色
本体素材 クラリーノタフロック
対応ファイルサイズ A4フラットファイル対応
重量 約1,330g前後
価格 75,600円(税込) ➡ WEB価格 68,040円(税込)(送料無料)

本体色とは異なる色の革を重ねたようなカブセのデザインが重厚感漂います。反射材で暗い道でも安心な「安ピカッ」機能や傷に強い素材でデザインと機能性を兼ね備えたシリーズです。
ランドセル購入者の約70%がA4フラットサイズを選んでいます。特に男の子はサブバックを持たせず両手を空けておける大容量サイズのランドセルが人気となっています。

\いまなら7,560円割引で購入できます。/

 

 

《2位》セイバン 天使の羽 クラシック

カラー 全6色
主素材 クラリーノエフ「レインガード Fx」
対応ファイルサイズ A4フラットファイル対応
重量 約1,140g
価格 57,240円(税込) ➡ 51,516円(税込)期間限定10%OFF

オーソドックスなデザインと定番のカラーで人気。飽きのこないデザインです。メーカーがセイバンなので基本機能もしっかりしていて、軽く感じる作りや丈夫で型崩れしない構造など安心の性能です。

\いまなら5,724円割引で購入できます。/

 

 

【3位】セイバン プーマ 百貨店モデル

カラー 全4色
主素材 クラリーノエフ「レインガードFα」
対応ファイルサイズ A4フラットファイル対応
重量 約1,130g
価格 73,440円(税込) ➡ 66,096円(税込)期間限定10%OFF

流線型のステッチがスポーティなイメージのランドセル。カブセやサイドにプーマのロゴが入っています。カラーバリエーションも4種類あり、ステッチ部分が赤やゴールドなど目立つ色がさりげなく入っているのでランドセル自体を派手な色にする勇気はでないけれどもこだわりを持ちたい男の子にぴったりです。

\いまなら7,344円割引で購入できます。/

 

 

工房系なら黒川鞄

工房系では黒川鞄が人気なのですが、やはり一つ一つ手作りということもあり販売数が少ないのでランキングには入ってきませんでした。確実に手に入れる為には4月には購入する必要があります。他の工房系にも言えることですが、人気のランドセルからどんどん売り切れが出てきますのでゆっくり悩んでいる時間はありませんよ。

ランドセル選びの基準は?

男の子に人気なのは黒色

男の子の人気の色は黒です。購入したランドセルの色の統計では、なんと68%の人が黒を選んでいます。次に人気な色は紺(ネイビー)、青(ブルー)と続きますがいづれも10%前後。

しかし、約7割が黒ということはそれ以外の色を選ぶ人がが3割もいるということで、黒以外の色を選んでも孤立するほどではないと云えます。

また、一口に黒といってもランドセルのフチに青や金色のパイピングが入っていたり、ロゴマークや鋲のデザインが凝っていたりとデザインに個性があるものもたくさんあります。
「黒ではお友達のランドセルと間違えそう」「他の子と同じランドセルはイヤ」と考えている人でも満足のいく黒のランドセルを探してみてはいかがですか?

価格帯は

最も人気が高いランドセルの価格帯は40,000円〜54,999円です。その次は55,000~64,999円でその2つの価格帯を合わせると全体の50%となります。
一番選んだ人が少なかったのは25,000円までの低価格帯でした。

やはり「6年間使う」ことや「6歳から使う」ことを意識して・丈夫で・背負いやすく・軽く感じるといった機能面もランドセル選びの重要なポイントとなっています。そのせいか、安すぎるランドセルは人気薄になっている状況です。

今年は人気の商品が早く売り切れる?

2019年10月1日に消費税が8%から10%に税率変更されます。飲食料品や新聞などの一部は軽減税率となり8%のままですが、ほとんどの商品・サービスは10月1日を界に税率が上がってしまいます。

もちろん、ランドセルも例外ではありません。

去年のランドセルの購入金額の平均は52,300円
9月30日までは 56,484円 ですが 10月1日になると 57,530円となってしまいます。

注意して欲しいのが決済の日付です。ネット通販では日付の切り替えが0時なのか朝方なのかサイトによって違います。また、クレジットカードの決済も気をつけなければなりません。取引が9月30日なのか10月1日なのかで消費税率が変わってしまいます。

高額であればあるほど税率の差は響いてきますが、問題はもう一つ。それは人気のランドセルが例年より早く売り切れる可能性です。

例年、ランドセルの一番売れる時期は8月となっています。10月以降に買った人は約3割。しかし、今年に限ってはゴールデンウイークにランドセルを購入する人が増えると予想されます。長期休暇となったことで祖父母に会う機会が増えたからです。

そこに10月の消費増税を見越した早い動きが重なることで、人気のランドセルの売り切れが早まると云うわけです。

金額も高く、6年間使う道具ですので慎重になる気持ちはわかります。しかし、お子さんの気に入った形・色、両親が安心できる機能性を同時に叶えたいならできるだけ早くの購入をお勧めします。

人気ランドセルメーカーランキング

1

人気ランドセルメーカーランキング ランドセルのいろはでは、ランドセル選びに迷ったらシェア率の高い「イオンかるすぽ」、「セイバン天使のはね」、「フィットちゃん」をオススメしています! ※国内ランドセルの ...

更新日:

執筆者:kazuママ

Copyright© ランドセルのいろは. , 2019 All Rights Reserved.