ランドセルの選び方

ランドセルカバーとは?選び方や人気のカバー

ランドセルカバーとは?選び方や人気のカバー

これからランドセルを購入するにあたって、ランドセルカバーは必要なの?と思っているお父さん、お母さん向けに、カバーについてまとめた記事です。

「ランドセルカバーは、何のために使うの?」「 カバーをつける子供たちは、どれくらいいるの?」「ランドセルカバーの選び方は?」など、ランドセルカバーの購入判断の1つの材料として、参考にしていただければ幸いです。

ランドセルカバーは、何のために使うの?

ランドセルのカバーのイメージ画像

ランドセルカバーと言うと、新1年生が交通安全のためにつける黄色いカバーや、雨の日につけるレインカバーをイメージする人が多いと思います。

このページでテーマにしているランドセルカバーは、どちらでもありません。

今の子供たちが使っているランドセルカバーは、いろんな種類があり、使う目的も様々です。お父さんやお母さんたちが思っている以上に、デザインも豊富です。

最近のランドセルカバーは、おもに次のようなものがあります。

  • 傷がつくのを防ぐためのランドセルカバー
  • 見た目を楽しむ、おしゃれなデザインのランドセルカバー
  • デコることができるランドセルカバー
  • 反射ラインが付いているランドセルカバー(事故防止)

お父さんやお母さんに合わせて例えるなら、スマホにカバーをつける感覚で、ランドセルにおしゃれなデザインのランドセルカバーをつけて楽しむこともできるというわけです。

下記の画像はセイバンのランドセルカバーです。
ランドセルがデコられているのがおわかりでしょう。

セイバンのランドセルカバー写真5種類

画像:セイバンのランドセルカバー

デコることができるランドセルカバーには、デコるためのパーツもあります。

そのようにランドセルカバーのデザインを楽しむ使い方の場合は、シンプルなランドセル向けもかもしれません。
年度ごとに変えるとか、季節ごとに変えるといった使い方もあります

豪華な刺しゅうのが入っているランドセルや高級な牛革のランドセルの場合は、傷をつけないようにするためのランドセルカバーをつける選択もあります。

また、ランドセルのデザインや牛革の風合いを大切にして、ランドセルカバーをつけないという選択もあります。

これからランドセルを購入する予定であるなら、ランドセルカバーをつけるかつけないかも計算に入れて、どんなランドセルを買ってあげればいいのかを検討することもできます。

ランドセルカバーをつける子供たちは、どれくらいいるの?

ランドセルカバーをつける子供たちは、どれくらいいるのか? 気になるところですよね。

ランドセルメーカー「セイバン」のアンケートによれば、ランドセルカバーを使っている子供たちは49%です。

ランドセルカバーのアンケート結果49%が使っている

画像:セイバン 男の子・女の子で人気のランドセルカバーは? ランドセルカバーの正しい選び方

アンケートのコメントを見ると、ランドセルカバーを使っているのは低学年の子供たちが多く、まだ、ランドセルカバーをつけることが定着しているわけではないようです。

ママが集まる掲示板サイトやQ&Aサイトを見てみると、使っていない子供たちの様子もけっこうありました。

ランドセルカバーをつけない派としては「傷や汚れも6年使った証しだから」というコメントや「雨の日は、雨用のカバーつけるから」という声が目立っていました。

つける派は「かわいいから」とデザインの見た目がポイント、つけない派は「傷がついても気にしない」と機能性からの判断といった感じがしました。

どちらにしても、子供たちよりもお母さんの意見が大きく影響している印象が強いです。

ランドセルカバーの選び方

ランドセルカバーを購入する場合は、ランドセルカバーの選び方に注意しましょう。

(1)サイズ選びの注意ポイント

ランドセルカバーは、ランドセルのサイズに合わせる必要があります。

A4クリアファイル対応のランドセル」「A4フラットファイル対応のランドセル」「大容量サイズのランドセル」「キューブ型のランドセル」など、お子さんが使っているランドセルの大きさに合ったランドセルカバーを選びましょう。

ランドセルカバーメーカーのサイズ表記をよく確認してくださいね。

(2)デザイン選びの注意ポイント

ランドセル本体のデザインに個性がある場合は、デザインもののランドセルカバーをつけるのはおかしいですよね。

透明のランドセルカバーを選ぶのか、デザイン性の高いランドセルカバーを選ぶかについては、お子さんのランドセルの個性を活かせるものを選びましょう。

(3)素材選びの注意ポイント

ランドセルカバーの素材で注意が必要なのは、PVC(ビニール)素材です。PVC(ビニール)素材のカバーをつけっぱなしにしているとランドセルにカバーが貼り付いてしまうからです。かえってランドセルを傷つけることになったり、カビが生えたりする心配があります。

どんなランドセルカバーが人気ある?

ここでは、楽天で見つけた人気のランドセルカバーをいくつか紹介します。

【まもるちゃん】透明ランドセルカバーW(ダブル)

まずは透明タイプのカバーで定番の「まもるちゃん」。シンプルで、もとのランドセルのデザインを隠さないので、単純にランドセルの保護をするために購入する方が多い商品です。

まもるちゃんの商品イメージ

➡ 【まもるちゃん】 透明ランドセルカバーW(ダブル)を見る

 

安心のまもるちゃんシリーズ![シブヤ限定モデル]

こちらは同じまもるちゃんシリーズで、シンプルな柄が入ったモデルです。

まもるちゃんシブヤオリジナルの商品イメージ

➡ ランドセルカバー6柄<Lサイズ>[シブヤオリジナル]を見る

 

雨用のランドセルカバー

雨用のランドセルカバーには、ランドセルをすっぽり包むタイプです。ランドセルを購入するとついてくることも多いのですが、柄入りのものも市販されています。

例えば、女の子には花柄、男の子には列車柄など、かわいらしいですよね。

ランドセルレインカバー 水彩フラワー柄の商品イメージ

➡ ランドセルレインカバー水彩フラワー柄を見る

ランドセルレインカバー星柄の商品イメージ写真

➡ ランドセルレインカバー 星柄を見る

 

まとめ

ランドセルカバーは機能的にはつけなくても問題はありませんが、かわいい・オシャレなデザインのものが急増しています。もしお気に入りの柄が見つかったら購入してみるのも良さそうです。

安価ですし、着せ替え感覚で手軽にランドセルの雰囲気をかえることができますので、今後カバーをつけかえて楽しむ事が定着するかもしれませんね。

ランドセルを買ったはいいけど色やデザインに飽きてしまった(高学年になると、幼稚園のときに選んだ色や柄が幼稚に感じて恥ずかしくなることもあります)、子供の欲しいものとは違うランドセルをつかうことになった(祖父母からのプレゼントやおさがりなど)という場合にもランドセルカバーは活躍してくれるでしょう。

人気ランドセルメーカーランキング

セイバン(天使のはね)

セイバン2020年度版バナー
  • 信頼できる創業100年の歴史
  • 身体への負担を軽減(小児科医も推奨)
  • デザインのバリエーションも豊富
種類 190種類(オーダーメイドあり)
価格帯 4万~7万円台

セイバンは多彩なモデル展開でランドセルシェアの30%を占めるメーカー。天使のはねと呼ばれる肩ベルトの画期的な機能で、お子さんの身体への負担を軽減してくれるのが大きな特徴です。

デザインのバリエーションも豊富で、シンプル・上品・おしゃれ・かっこいい・スタイリッシュなど、子どもだけでなく保護者のかたもうれしいデザインが揃っています。

WEBで購入するメリット!

WEBからの注文で、通常価格の10%オフ!

早期購入特典として、オリジナルフォトブックを無料で作れるクーポンももらえます。特定の店舗限定でしか購入できないモデルも、WEBなら購入可能です。

ハシモト(フィットちゃん)

  • 国内製造販売本数NO1ブランド
  • 背負いやすく安定感がある
  • 機能性も良く充実している
  • 素材、カラー、デザインが豊富
  • 価格帯は46,530円~81,180円

国内製造本数ナンバーワンを継続しているフィットちゃん。デザインや種類の豊富さと、機能性の豊富さ、背負ったときの安定感の良さなどで高い人気を誇るランドセルブランドです。

毎年トレンド感のあるデザインも多く採用しているため、お子さんが気に入るランドセルが必ず見つかるのも魅力。品質も良く価格的にも負担が少ないので、後悔しないランドセル選びができます。

WEBで買うとこんなにオトク!

WEB限定の10%割引き。

夜も安心LEDライト連絡ファイルフィットちゃんストラップ筆箱雨よけ6年間保証書と6つの特典がついています。

黒川鞄工房

  • 高級感と上質の質感がたまらない
  • コードバン品揃えの豊富さは業界トップクラス!
  • 素材やカラー、サイズが充実の
  • 天然素材を工房で職人による手縫いで手づくり
  • 抜群の収納力で小物が多い時も快適
  • 使い終わったらミニランドセルにリメイク
  • 【はばたく肩ベルト】で負担も軽減

黒川鞄は業界最古の創業120年、親子三代に渡って愛用されるランドセルメーカーです。

発売開始と同時売り切れてしまうモデルも多く、予約殺到ブランドとしても有名。

肩ベルトが立ち上がるように設計されており、身体への負担も少なくきれいな姿勢に見えるのも特徴。

質が良く長く使えるランドセルをお求めのかたは、ぜひ手にしてほしいランドセルだといえるでしょう。

-ランドセルの選び方