ランドセルQ&A

【解説】ランドセルに自動ロックは必要?メリット&デメリットを紹介

ランドセルの自動ロック

ランドセルの自動ロック

親世代にとってランドセルの錠前は、「手でくるりと回して閉める」ものでした。ところが近年、便利な「自動ロック」が登場。ほぼすべてのランドセルが、自動で閉まるタイプになっているのをご存じですか?

とはいえ工房系ランドセルを中心に、従来の「手動ロック」を採用している製品も存在します。自動ロックのランドセルを選ぶべきなのか、迷う親御さんもいるようです。

そこで今回は、自動ロックのメリット&デメリットを紹介。「ランドセルに自動ロックは必要?」という疑問について、口コミを調査しました。ぜひ参考にしてください。

 

ランドセルの自動ロック機能とは?

いまのランドセルは昔と比べて機能が充実しています。
その一つが親世代にはなじみのない「自動ロック」(またはオートロック)機能です。

自動ロック機能付きのランドセルは、かぶせ(ふた)を閉めて取っ手を軽く押すと、つまみが自動でくるっと回ります。90度回転するとぴたっと止まり、ロックがかかる仕組みです。

親世代にとっての標準装備だった「手動ロック」は、「つまみを回す」というひと手間が必要でした。ところが自動ロックだと、つまみを回す必要がありません。ワンタッチ操作で済むため、とても便利です。

 

自動ロック機能はいつから出始めた?

ランドセルに自動ロックが採用され始めたのは、2010年頃のこと。お母さんたちから「自動ロックにしてほしい!」という声が集まったのがきっかけでした。なぜなら自動ロックにすることで「閉め忘れが防げる」「操作が簡単」というメリットがあるからです。

メリット(1)閉め忘れが防げる

自動ロックは、「閉め忘れが防げる」という点が大きなメリットです。

新1年生は何もかもが初めての連続。下校前、ランドセルの中に教科書を入れ、ノートを入れ、筆箱を入れ、錠前を閉めたつもりが、うっかり閉め忘れていることも少なくありません。

ご自身の小学生時代を思い出してください。ランドセルを背負い、下に落ちている物を拾おうとかがんだら、中身がざざっと飛び出してきた……そんな経験はありませんか?

自動ロックだと、かぶせを閉めることで自動的にロックがかかります。手動ロックのように、閉め忘れているのに気づかないといった、子どもにありがちな失敗を防ぐことが可能です。

メリット(2)閉める操作が簡単

自動ロックは、「閉める操作が簡単」という点もメリットです。

ランドセルは毎日使うもの。しかも一日のうちに何度も開け閉めします。まだ学校生活に慣れていない新1年生にとって、操作がシンプルなのは魅力です。

自動と手動どちらも、もちろん「かぶせを閉める」ところまでは同じです。

手動の場合、そこからもうひと手間必要です。つまみを手で90度回し、ロックをかけなくてはいけません。一方の自動ロックは、かぶせを閉めたら後は取っ手を軽く押すだけ。新1年生でも簡単な操作です

しかも、つまみが自動回転すると「カチャッ」という音が鳴り、ロックがかかったことが分かります。この音が鳴るという点も、低学年の子どもにとっては楽しいポイントのようです。



 

便利な自動ロック機能にも、デメリットがあります

ランドセルの自動ロック

自動ロックはいまや、ランドセルの標準装備になりました。店頭に並ぶランドセルを見てみると、ほぼすべて自動ロックといっても過言ではありません。

ただし一部のメーカーでは、自動ロック機能を採用していません。
なぜなら便利な機能である一方、デメリットもあるからです。

デメリット(1)壊れる可能性がある

自動ロックが登場した当初「壊れやすい」というデメリットが指摘されていました。近年では品質が向上し、使用方法さえ守れば、基本的には問題ありません。

ただし使い方によっては、壊れる可能性が高まるのも事実。故障を防ぐために避けたいのが、錠前への大きな衝撃です。

教科書が入ったままの重いランドセルを、机の上にどんと置いたり、帰ってきて床に放り投げたり……これはNGです。衝撃がきっかけとなり、壊れるかもしれません。

元気でやんちゃな男の子は要注意。丁寧に扱うように、しっかり言い聞かせておくことをおすすめします。もしもの故障時のために、6年間保証がついているかどうかも、あわせて確認しておきましょう。

デメリット(2)位置がずれるとロックがかからない

自動ロックはその名の通り、自動的にロックがかかる機能です。ただしそれは「きちんと鍵穴に差し込めば」の話。位置がずれるとロックがかかりません。

そして回転させるには、取っ手を押す必要があります。しっかり押しておらず、閉まっていないケースもあるかもしれません。

子どもは閉まったと思っているわけですから、すっかり安心しています。しゃがんだ拍子に荷物が出てきたり、はねあがったかぶせが近くの友だちに当たったりするかもしれません。

自動ロックは便利ですが、きちんと使わければ機能しません。「カチャッ」という音がすれば、ロックがかかったサインです。毎回その音を確認するよう、しっかり伝えておきましょう。



ランドセルの自動ロック機能は必須?

近年では、主流となった自動ロック機能。ただし一部のランドセルは、いまでも手動で閉めるタイプです。ランドセルの自動ロック機能は必須なのでしょうか?手動ロックだと不便なのでしょうか?

口コミを調べてみると目立つのが、「あると便利、でもなくても困らない」という声です。

口コミ

  • 自動ロックではないですが、何の問題もありません。
  • (手動ロックのランドセルを)使っていますが、閉め忘れて開いていたのは一度だけ。
  • 手動ロックのランドセルですが、困ったことはありません。クルッと回すだけですから。

といった具合です。

調べた限りでは、手動だから困ったという声は見当たりませんでした。ランドセルを選ぶ条件として、自動ロックかどうかは、さして重要ではないということです。



 

自動ロックではないランドセルはどこ?

ほとんどのメーカーが自動ロックのランドセルとなっていますが、手動ロックにこだわってランドセルを作ってるメーカーもあります。

そんなメーカーに魅力を持つ方もいることでしょう。そこで、手動ロックにこだわるランドセルメーカーをご紹介しておきます。

まとめ

店頭に並ぶランドセルを見ると、大半が自動ロックです。ただし一部は手動ロックのため、「自動を選んだほうがいい?」と迷っている方もいることでしょう。

自動ロックは便利ですが、最後の「くるっと回す作業」が一つ減るだけです。ランドセル選びにおいて、重視するほど大きなポイントではありません。

それよりは、色やデザイン、背負いやすさなどのほうが重要です。何より本人が気に入ることが何より大切です。ぜひ満足のいくランドセルを見つけてください。



-ランドセルQ&A

© 2020 ランドセルのいろは.